プロフィール

村瀬 新太郎は日本語と英語のバイリンガル。福岡県中間市生まれ、茨城県つくば市出身。男子高校生。国連インターナショナルスクール(UNIS)在学。

幼少期を茨城県で過ごし、少年期をスイスのジュネーブと佐賀県で過ごした。各地をまわり、数多くの異文化を体感する。現在はアメリカのニューヨークで高校生活をおくっている。ソフトウェア等の分野に興味を持っており、高校でも選択科目である、コンピューター科学の授業をとっている。また、学校の吹奏楽団やジャズバンドでは打楽器を演奏いる。昨年度は楽団の中で信頼されており、貢献した人物に贈られる「Douglas Fairchild Music Award」を受賞した。また、学校でも複数のクラブに所属しており、その中でも、国際連合ジュニア書道部(JUNOC)の部長、コンピューター科学部(CSC)の副部長、生徒新聞(UNISVerse)の広報マネージャー、日本語文化クラブ(JCC)の共同部長とクラブ活動にも力を入れている。小学校後半から高校前半までピアノや囲碁を習い、囲碁は佐賀県の団体戦代表として、日本の全国大会に3度出場している。